インターネットを安全にご利用いただくために

インターネットを安全にご利用いただくためには、お客さま自身によるセキュリティ対策が必要です。

金銭被害が深刻な社会問題「フィッシング詐欺」

フィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺とは、悪意のある第三者が、実在する銀行やクレジットカード会社などを装ったEメール(フィッシングメール)を送信し、お客さまを本物そっくりに作られた偽のWEBサイトに誘導したうえで、クレジットカード番号・有効期限などの個人情報を入力させて盗もうとする詐欺です。
この詐欺に遭うと、クレジットカード番号等を悪用され、身に覚えのない請求が来たりするので注意しなければなりません。
なお、クレジットカードは利用停止の手続きができますが、氏名やEメールアドレス等の個人情報は元に戻りません。その意味でもフィッシング詐欺対策が重要です。

フィッシング予防対策

個人情報を要求するEメールは無視する

当行および当行業務委託先の三菱UFJニコス株式会社(以下、「三菱UFJニコス」といいます。)は、クレジットカード番号・有効期限・暗証番号等を含むお客さまの重要な個人情報を、Eメールでお尋ねすることは一切ありません。仮にローソン銀行および三菱UFJニコスという記載があっても、そのようなEメールはフィッシング詐欺メールである可能性があります。決してそのようなEメールに返信したり、記載されているURLをクリックしたり、お客さまの情報を入力したりしないようご注意ください。

ウイルス対策ソフトを導入する

フィッシング詐欺メールかどうかを判定する機能が含まれているウイルス対策ソフトがありますので、導入されることをおすすめします。

あなたのパソコンに潜んでいませんか「スパイウェア」

スパイウェアとは?

スパイウェアとは、お客さまの気づかないうちにパソコンにインストールされ、パソコンに入力・保存された情報を勝手に悪意のある第三者に送信するプログラムのことです。このプログラムがインストールされてしまうと、以下のような情報が悪意のある第三者に送られてしまうので、ご注意いただく必要があります。

  • 氏名・住所・電話番号・Eメールアドレス・クレジットカード番号・有効期限・暗証番号・ID・パスワードなどの個人情報
  • パソコンの使用履歴(キーボードでどのような入力をしたかなど)
  • ブラウザの使用履歴(アクセスしたWEBサイトの履歴など)

スパイウェアへの対策は?

パソコンの適切な状態の設定と対策ソフトの導入

OS・ブラウザ・メールソフトの脆弱性(システム上の欠陥や仕様上の問題点)をついて、スパイウェアなど悪意のあるソフトウェアが侵入する場合があります。
OS・ブラウザ・メールソフトには修正プログラム(セキュリティパッチ)を適用して、最新版に更新されることをおすすめします。

また、以下のような現象が起きていたら、パソコンがスパイウェアに侵されているかもしれません。

  • 怪しいWEBサイトを訪れてから、パソコンの動作が遅くなったり、突然操作不能に陥ったりする。
  • 何もしていないのに、新たなウィンドウが次々と画面上に現れる。
  • 突然知らないサイトへ誘導される。

そのような場合は、スパイウェア対策ソフトのスキャンを実行することで、スパイウェアを検知できることがあります。スキャンの前には、スパイウェア対策ソフトや、スパイウェアの判定に使用される定義ファイルを最新にしておくことをおすすめします。また、心あたりのないEメールの添付ファイルを開いてしまったような場合にも、スパイウェアの侵入を疑い、すぐにスパイウェア対策ソフトのスキャンを実行してください。

自分で管理できないパソコンで個人情報を入力しない

お客さまが管理できないパソコンの中には、スパイウェアが潜んでいるかもしれません。その際、お客さまがクレジットカード番号・有効期限を入力した場合には、その情報を悪用されて金銭的な被害に遭う可能性があります。
インターネットカフェなどお客さまが管理できないパソコンで個人情報を入力するのはお控えください。

誰かがあなたのふりをして・・・「なりすまし」

なりすましとは?

なりすましとは、他人のIDやパスワードなどを盗み悪用し、その人のふりをしてネットワーク上で活動することです。具体的には、他人のIDとパスワードを使ってインターネットに接続したり、Eメールを送ったり、企業のネットワークに侵入して情報を盗み出すなどの行為を指します。なりすましのアクセス先がオンラインショッピングサイトやオークションサイトの場合は、悪意のある第三者がお客さまになりすまして高額な商品を購入し、お客さまにその請求が来るというケースもあります。

なりすましへの対策は?

IDやパスワードをしっかり管理する

以下のとおり、IDやパスワードをしっかり管理することが重要です。

  • クレジットカードや手帳など、第三者に見られやすい場所に書き留めたりメモなどに残さない。
  • 第三者にはパスワードを絶対に教えない。
    当行の役職員、クレジットカード会社、金融機関、警察などの機関であっても、口頭や電話・Eメールなどでパスワードを聞くことは絶対にありません。
  • パスワードの入力時に他人に見られないようにする。

IDやパスワードはカードの暗証番号と同様ご本人さまを確認する重要な情報です。類推されやすいものや、他のインターネットサービスと同じもののご使用は避けてください。

特に気をつけたい「コンピューターウイルス」

コンピューターウイルスとは?

コンピューターウイルスとは、Eメールの添付ファイルや悪意のあるWEBサイトの閲覧を介してパソコンに侵入し、何らかの悪影響をおよぼすプログラムのことです。
コンピューターウイルスの中には、パソコンの画面に何らかのメッセージや画像を表示するだけといったイタズラをするものから、パソコンの中にあるファイルを消去したり、パソコンの動作を不安定にしたり、パソコンを起動できなくしたり、重要な情報を外部に自動的に送信するといった悪質な動きをするものまで、さまざまな種類があります。

また、多くのコンピューターウイルスは、大きな特徴として、自己増殖するしくみを持っています。最近では、メールソフトのアドレス帳に登録されているEメールアドレスや送受信履歴を利用して自動的にコンピューターウイルス付きのEメールを送信する手口が多くなっています。お客さまのパソコンがコンピューターウイルスに感染していると、お客さまのパソコンから知らず知らずのうちにコンピューターウイルス付きのEメールが送信され、いつのまにか加害者になっているケースも考えられますので十分な注意が必要です。

コンピューターウイルスの対策は?

感染しないための心構え

  • 心当たりのないEメールの添付ファイルは開かず、文中のURLもクリックしないようにしましょう。
  • 信頼できないWEBサイトからプログラムをダウンロードしないようにしてください。

パソコンのセキュリティを高めてください

  • OS・ブラウザ・メールソフトの脆弱性(システム上の欠陥や仕様上の問題点)をつかれてコンピューターウイルスに感染する場合があります。
    OS・ブラウザ・メールソフトには修正プログラム(セキュリティパッチ)を適用して、最新版に更新することをおすすめします。

こまめにチェックしてください

以下のような現象が起きていたら、もしかしたらパソコンがコンピューターウイルスに感染しているかもしれません。

  • パソコンが起動しない。
  • パソコンの起動に異常に時間がかかる。
  • パソコンの動作が停止する。
  • ファイルが削除されたり、破壊されたりする。
  • ファイルの容量が勝手に変わっている。
  • 知らないファイルがいつの間にかできている。
  • 異常なメッセージが画面に表示される。
  • Eメールが勝手に送信される。
  • 意図しない音楽が演奏される。
  • 画面表示が崩れる。
  • ソフトウェアの動作が急に鈍くなる。

そのようなときには、ウイルス対策ソフトのスキャンを実行することでコンピューターウイルスを検知できる場合があります。スキャンの前に、ウイルス対策ソフトや、コンピューターウイルスの判定に使用される定義ファイルを必ず最新にしてください。